代表取締役社長 
山根 健次郎

 弊社は昭和41年(1966年)10月、地域社会近代化のための“総合コンサルティングセンタ”たることを目的として、地元経済界有志によって『株式会社沖縄電子計算センター』として設立し、昭和61年に社名を株式会社OCCへ変更いたしました。
 創業以来から変わらず、コンピュータ一筋に、県内地方自治体・諸団体はもとより、政府関係、ならびに民間企業に対し、遠くは香港・インドネシアなどにおきまして、ソフトウェアの開発を含む「コンピュータサービス」を提供してまいりました。

 設立当初16名だった社員数も、今では550名を擁するようになり、コンピュータサービス企業として業界においても高い評価を頂くまでに成長させていただきました。これもひとえに多くの皆様の温かいご愛顧の賜と改めて心から深く感謝申し上げる次第でございます。

 多様化、複雑化する変化社会にあっても、OCCはいつも「人間社会」と「コンピュータ」の調和を図り、人々の暮らしの中にコンピュータを取り入れ、社会の期待と信頼にお応えすべく一生懸命努力し続けてまいります。また、クラウド・コンピューティング創造企業として充実したITサービスを提供してまいります。
 大変微力ではございますが、今後も地域社会の発展・成長の「縁の下の力持ち」としての使命を果たしてまいりたいと存じます。







 

株式会社OCC    
代表取締役社長 山根 健次郎